代表あいさつ

トップメッセージ

ヒカリグループは物流事業のヒカリ産業株式会社、株式会社フレッシュ物流、株式会社ハップと自動販売機総合管理業のヒカリエンタープライズ株式会社の2業種を柱に運営しております。設立以来、お客様志向のもと業務改革を進め、着実に成長を実現することができました。
ひとえに、厳しい社会情勢の中で実績を積み上げ企業の安定成長に努力した全従業員の成果であります。
しかし近年、お客様のニーズが多様化並びに高度化し、物流コストの削減及びハイレベルな業務対応の要求も強くなっております。
そうした期待にいかに的確に応えていくかということが、今後の事業展開の中で大変重要な課題として日々取り組んでおります。
現在、ヒカリ産業では提案型物流会社として商品開発及び製造以外は全て対応できるシステムの構築を目指しております。
これからも、ヒカリグループは「お客様にどうすれば満足して頂けるか」を永遠のテーマとして、社会に貢献していきたいと考えております。


【ヒカリグループ代表】
長田 義光

平成29年度スローガン

「チャレンジ」

  • 新規顧客の獲得
  • 売上100億円突破
  • 新規事業の確立

社是

「出会いと和」

事業を起こすきっかけになったのは、知人の勧めとアドバイスでした。経営の苦労を体験したからこそ、「人との出会い、人の和が大切だ」という事が身にしみて大切だとわかりました。
私が会社を経営していくうえで、常に優先させているのは、いい仕事を していきたいと願う気持ちです。新規開拓も今の時代、大変重要な事ですが、今ある仕事を大事にし、お客様に安心して頂ける会社、社員育成にも人的交流、「和」をもって取組んで欲しいと願います。
新規開拓にも勿論、人と人との接点を大切に人的交流を深めながら、お客様と共に大きく伸びるという事をいつも心掛けて欲しい、と思っています。

経営理念

「いつの時代も今がチャンス」

向上心と使命感を持って仕事に邁進できるかが重要な事だと思う。業績向上に向けた目標達成は重要だが、組織を束ねる事、「和」の精神を持って、協調体制で成果を挙げる指導力を持った上司が必要。つまり、そのような実力ある上司の姿を部下に追わせ、部下を育成していく。
時代が流れても耐えられる、変わる事のない基本理念を持つ企業が永く生きられる。