社会とのかかわり

ヒカリグループでは、社会活動の一環としてAWPS(世界平和支援協会)の活動を支援しています。

t_awps

 

AWPS組織概要

AWPSは、飲料自動販売機を用いたストリートチルドレンへの学費支援をはじめとする独自の活動モデルを構築し、活動を続けております。特にフィリピンとの交流が深く、現地のNGO団体カンルンガンと密に連携し、より強力なストリートチルドレンへの支援を行なっております。フィリピンで25万人を超えると言われているストリートチルドレン。ひとりでも多くのストリートチルドレンが学校へ通えること、そして笑って過ごせる日々を目指し、更なる飛躍を目指します。

 

チャリティー自動販売機

AWPSのコア事業であるチャリティー自動販売機プロジェクトでは、飲料を購入するだけでフィリピンのストリートチルドレン支援が可能な『チャリティー自動販売機』を普及させています。チャリティー自動販売機では通常と同じ売価で飲料をご購入いただくだけで、1本につき3円~10円程度がフィリピンのストリートチルドレン保護施設で生活する子どもたちの学費として寄付されます。チャリティー自動販売機の広告欄には、AWPSオリジナルステッカーとフィリピンの子どもの写真を掲示しており、チャリティー自動販売機を設置していただく方々には設置するメーカーを選んでいただくことも可能です。また、チャリティーだからといって設置者様のお手数料がほとんど減ることがないのもAWPSのチャリティー自動販売機の大きな特徴です。